第9回 日本安定同位体・生体ガス医学応用学会 大会 9th Annual Meeting of Japan Society for Medical Application of Stable Isotope and Biogas第9回 日本安定同位体・生体ガス医学応用学会 大会 9th Annual Meeting of Japan Society for Medical Application of Stable Isotope and Biogas

第9回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会大会は、去る9月29日(金)・30日(土)、盛会裏に終了いたしました。 テーマ ガスに熱気をこめて 生体ガスの研究はここまで進んだ第9回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会大会は、去る9月29日(金)・30日(土)、盛会裏に終了いたしました。 テーマ ガスに熱気をこめて 生体ガスの研究はここまで進んだ

ご挨拶

 この度、第9回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会学術大会を平成29年9月29日(金)- 30日(土)に東邦大学医療センター大森病院 臨床講堂に於いて開催する運びとなりました。
 今回のテーマはポスターの背景に象徴されるように一見本学会とはかけ離れたようにも見える「より高い視点からの展望」ということで設定しました。この学会の柱であります安定同位体、生体ガスに関してはもちろんではありますが、広く環境に関する話題も期待しているところです。市民公開講座では札幌東徳洲会病院 河野透先生、特別講演では埼玉医科大学総合医療センター 澤野誠先生にお願いしております。研究紹介としましては、発表以来話題となり九州大学廣津崇亮先生の線虫とがん診断の研究についてご講演をいただく予定です。この4月には九州大学発ベンチャーの「HIROTSUバイオサイエンス」を立ち上げられ、実用化に向けて一歩を踏み出したと報じられており、今後益々の発展が期待されております。医療の分野でも最近では高度にシステム化された検査手段が診断や病状の把握に大きなウェイトを占めるのは当然ですが、日常臨牀では意外と軽視されがちな臭いがもっと貢献できるのではないかといつも思っているところで、これまでも発表がありましたが口臭、体臭に限らず便臭も医応用のkey になるのではと期待し、今学会での演題応募、議論を広く募りたいと思います。熱気球に搭乗してより高い視点から俯瞰するがごとく、微力ながら今学会の発展に寄与する大会に出来ればと決意を新たにしているところです。
多数の演題のご応募をお待ちしておりますとともに、多くの方々にご参加いただき、活発な討議を本学会の発展にご協力下さいますよう心よりお願い申し上げます。

2017年3月吉日

第9回 日本安定同位体・生体ガス医学応用学会大会
会長 中嶋 均
(東邦大学総合診療・救急医学講座 教授)

プログラム・日程

開催概要

テーマ ガスに熱気をこめて~生体ガスの研究はここまで進んだ~
会 期 2019年 9月29日(金)・30日(土)
会 場 東邦大学医療センター 大森病院5号館 地下1階 臨床講堂
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1
会 長 中嶋 均(東邦大学総合診療・救急医学講座 教授)
参加費 会員:4000円 / 非会員:5000円 / 学生:無料

プログラム

  • プログラム

日程

  • 日程表

市民公開講座

ご案内

第9回 日本安定同位体・生体ガス医学応用学会大会では、「ガスのようにつかみどころが無かった漢方薬 漢方薬の研究はここまで進んだ」と題し市民公開講座を開催いたします。
詳細情報は、下記の市民公開講座ポスター(PDF形式)をご確認ください。

  • 日程表

演題募集

概要

一般演題を募集いたします。
会員の方は「演題登録はこちら」から、ご連絡したID・PWでログインください。
非会員の方は「演題登録はこちら」より非会員登録を行ってください。
演題登録は下記参照のうえ、期日までにご応募ください。

演題募集期間:
2017年6月1日(木)~6月30日(金)

2017年7月14日(金)まで延長しました。

演題応募方法

インターネットによるオンライン登録のみです。
本ページ下部の「演題登録はこちら」ボタンから、案内にしたがってご登録ください。
操作方法については「演題登録はこちら」ボタン右の「演題登録方法」をご参照ください。
保存後、締め切りまでは、登録内容の訂正が可能です。投稿ボタンを押すと修正はできません。

重要 必ずお読みください

入力内容の保存方法、投稿の方法について

  • 『保存』ボタンは、演題登録画面の最下部にございます。
  • 『保存』をクリック後、次画面で入力内容をご確認のうえ、必ず『保存確定』をクリックしてください。
    これで、入力内容が「保存」されます。
  • 投稿時は、『投稿』ボタンをクリックし、次画面で入力内容をご確認のうえ、必ず『投稿確定』をクリックしてください。
    これで、演題が「投稿」されます。

演題について

1)抄録は以下の要領にて作成してください。
・抄録本文:全角800文字程度
※Microsoft Wordの左下に表示される「文字数」は、正確な「全角」文字数より少なく表示される場合がありますので、演題名・本文とも末尾まで正しく登録されているか必ずご確認ください。

2)本文について
・抄録は和文のみ
※抄録集掲載の都合上、抄録レイアウトを事務局にて調整させていただく場合がございます。予めご了承ください。

3)入力時の注意事項
  • ・図表の使用はできません。
  • ・英字および数字はスペースを含め半角で入力してください。
  • ・丸付き数字、ローマ数字、半角カタカナは使用しないでください。
  • ・Microsoft Wordファイルで装飾した文字をそのままコピー&ペーストしていただくと装飾(太字、イタリック、アンダーライン)が自動的に外れますので、装飾をご希望の際は抄録入力欄上部にあります編集パレットボタンをご使用ください。
  • ・上付き文字(例:Na⁺)や下付き文字(例:H₂O)等の機種依存文字は使用しないで下さい。
    使用される場合は、「通信欄」に、装飾した文字を含む単語と装飾部分を明記してください。
  • ・登録可能な最大著者数(筆頭著者+共著者)は20名まで、筆頭著者の登録可能な最大所属施設数は10施設までです。
  • ・機種依存文字が含まれますと、正常に送信することができない恐れがあります。
    例:半角カタカナ、丸数字、ローマ数字、カッコつき漢字「(日),(株)」や単位 「cm,kg」などを全角1文字で表す特殊文字

登録内容の確認・修正・削除

保存登録の場合は、登録内容の修正は、「会員マイページ > 演題登録・編集ボタン」より何度でも可能です。
投稿は、必ず『投稿確定ボタン』をクリックしてください。
『投稿確定ボタン』をクリック後の演題の削除(取下げ)は、本部でのみ行えます。
ご希望の際は本部までご連絡ください。

演題の受領通知および採否通知

演題登録完了後、抄録登録通知がご登録のメールアドレスに配信されますので、必ずご確認ください。
登録演題の採否通知は、ご登録のメールアドレス宛にお送りいたします。
採否および発表形式につきましては、会長に一任ください。

演題登録方法に関するお問い合わせ

下記までメールでお問い合わせください。
E-mail:info@g-ings.com

  • 演題登録はこちら
  • 演題登録方法

会場案内

JR蒲田駅 東口から

  • ・バス(約7分) 
    2番のりば「大森駅行」「東邦大学」下車
  • ・タクシー(約5分)

JR大森駅 東口から

  • ・バス(約20分) 
    1番のりば「蒲田駅行」「東邦大学」下車
  • ・タクシー(約10分)

京浜急行 梅屋敷駅から

  • ・徒歩(約7分)

協賛

協賛企業

出展企業

ランチョンセミナー

お問い合わせ

学会事務局

第9回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会大会(担当佐藤)

〒143-8541 
東京都大田区大森西 6-11-1 
東邦大学医学部 総合診療・救急医学講座
電話:03-3762-4151  
FAX:03-3765-6518
E-mail:
satomitsuko@med.toho-u.ac.jp

©2017 Japan Society for Medical Application of Stable Isotope and Biogas All Rights Reserved.